ストロング系缶酎ハイは実際どうなの?何がやばいの?って話

こんにちわ!痛風兄さんです!

みんな大好きストロング系缶酎ハイ

お食事や晩酌のお供として定番となったストロング系ですが以前からヤバイと話には聞いてました

今回はそのストロング系がどうヤバイのかおさらいして行きたいと思います

でわ!いくぅ!!

目次

ストロング系缶酎ハイのヤバイ話

今やどこでも買えるようになったストロング系酎ハイ

安い、うまい、酔えるの3拍子が揃ってしまい瞬く間に人気に火が付いてしまいました

痛風兄さんも痛風になる前は愛飲していましたが

このストロング系酎ハイはドラッグ認定してしまっても良いんじゃないかという位の魔力があります

凄い有名な画像ですがうまい事捉えています

この画像の通りです

アルコール度数が9%前後という事も相まって早めに酔えるんですよ

値段も200円前後とお手軽で氷結系だと食事にも合うためごくごく飲めちゃいます

そう!このストロングゼロを水感覚で飲めてしまう…これが危険への第一歩です

テキーラ3.75杯分

ストロング系酎ハイは前述した通り9%前後のアルコールとなります

これを500缶一本飲むとそのアルコール量はテキーラ3.75杯分になります

皆さんバーなどで景気づけに飲んだことありませんか?

ショットグラスにテキーラを入れて淵の周りに塩を付けて飲むあれです

バーに行ったときに盛り上がってテキーラショットをやった事ある方は結構いるかと思いますが

あれを4杯近く飲んでるんですね

それだけでもストロング系酎ハイのヤバさが際立ちます

水やジュース代わりに飲めてしまう気軽さ

氷結系なんかだと口当たりが優しく香りもフルーティなのでついつい飲み過ぎてしまいます

香りも色々な種類が販売されていて

  • レモン
  • グレープフルーツ
  • メロン
  • アップル
  • ピーチ
  • グレープ

色々なフレーバーをジュース感覚で選べてしまいます

中には炭酸水に近いノンフレーバーのタイプも出てますね

これがまた、食事に合うので毎食事飲んでました

ストロング系に限らず酎ハイはすっごい太りやすい

酎ハイの中にはプリン体ゼロ、糖類ゼロを謳い、太らないヘルシーなイメージがありますね

実際は、人工甘味料などの成分が多く含まれています

他のお酒に比べると圧倒的に低カロリー、低糖質に作られています

しかしアルコールを摂取すれば、血液中の中性脂肪が増えることがわかっています

太らないと勘違いしてしまいやすいですが飲めば飲んだ分だけ太ります

特にストロング系は飲んでると思考がぶっ飛びます

ぶっ飛んだ思考の元何をするか…

    食べます

特に唐揚げとかの油もの、ポテチなどのスナック菓子が欲しくなりませんか?

ぶっ飛んだ思考になると欲望のままに食べてしまいがちです(痛風兄さんだけかな?)

デブへの道を一歩一歩着実に歩んでしまう訳ですね

悪酔い・二日酔いする

ストロング系は信じられない位悪酔いします

それは何故か

人工甘味料とアルコールの同時摂取だからです

アルコールの分解に必要な糖分が足りず一気に血中のアルコール濃度が高くなるため

悪酔いしやすく、二日酔いになりやすくなるという事ですね

特に飲みやすく作られてる酎ハイなので調子よく飲んでいると

急性アルコール中毒になる危険があります

アルコール依存症になりやすい

ストロングゼロがヤバイと言われる一番の原因がアルコール依存症の可能性です

ストロング系は安く、美味しく、手軽に飲めるお酒です

コンビニ・スーパー・ドラッグストア本当にどこでも手軽に買えてしまうお酒です

この手軽に買えてしまうという環境がアルコール依存症患者を増やしてしまう事になりかねないと思います

ストロング系は安く買えて早く酔える素晴らしいお酒ですが

飲み方を一歩間違えると依存症まっしぐらになりますので

休肝日を設けながら楽しくお酒を飲むようにしましょう

まとめ

どんなお酒にも言える事ですが、決してお酒が悪いんじゃないんです

お酒自体に罪は無いと思っています

楽しいお酒はストレス発散にもなりますし、コミュニケーションをとる事にも繋がります

自分の適性飲酒量を超える飲み方をしないというのが一番大事でお酒と良いお付き合いができるのだと思います

決してお酒に飲まれることの無い様にしていきたいですね

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる